December 14, 2005

蓮根の変色防止

ある学生さんから、実家で蓮根の変色を防ぐために結構濃い濃度の酢酸漬けで出荷するのだが、酢酸を使わないで変色を押さえることができないか、という質問を受けた。

その時は、酸化か、酵素反応かなぁ、酵素反応であれば、pH を変化させることで失活させているのだろう、酸化反応であれば、封入液から溶存酸素を除けばいいんだよなぁ。エージレスの液体用みたいなもん。などと考えた。

ネットで検索するとそこそこ見つかりました。

みかん箱(*´∀`)つさんのサイトから
> 空気に触れると、ポリフェノールが酸素と反応して青く変色します。

鈴木農園さんからのサイトから
> レンコンに含まれるタンニンなどのポリフェノールが空気に触れたために酸化したものが原因です。
(中略)
> レンコンを酢水につけるのは、酢水が酵素の働きを止めるため、より効果的に酸化を防ぐ働きがあるからです。

予想は間違ってなかったようです。酸化防止の商品もすでに売られているかも。特許検索で出てくるかなぁ。でも、ac.jp や go.jp からの情報が見当たらない。間違いじゃないのだろうが、ac.jp や go.jp 由来の情報が欲しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

氷点下の朝/放射冷却

今日の朝は寒かった。

DSC00135 昨日の大雪にはふさわしくなく、昨日も今日も天候はすばらしく良かった。しかし、この季節、夜間の天気の良さは早朝の異常な寒さを引き出す。放射冷却現象である。今朝の米沢は-5℃とも-8℃とも言われる。朝起きて、水道栓をひねったところ水が出てこない! やがてチョロチョロと赤い水が出てくる。水道管がグォングォンともガリガリともいった感じで鳴り出し、水の勢いが増す。
この時期に水道が凍ることは想定外であった。真冬であれば毎日天気予報から朝の予想最低気温をチェック、-3℃以下の予想の時には水道の不凍栓(水抜き栓)を閉める。しかし、今の時期には完全に失念していた。完全凍結せずに良かった~。

今日のテーマの放射冷却。熱の伝わり方には三つの形態がある。固体を通じて伝わる伝導伝熱、液体や気体を通じて伝わる対流伝熱、そしてエネルギーが電磁波の形態で伝わる輻射伝熱であり、太陽熱が地球に伝わるのも、最初は輻射伝熱による。物質は絶対零度(-273℃)で無い限り表面から熱エネルギーを放射している。従って絶対零度で無い限り二つの物体間ではお互いに熱エネルギーのやり取りを行っている。ところが夜間に雲が無い場合、地表の輻射熱は宇宙空間に抜けてしまう。そして宇宙空間から受ける熱エネルギーは非常に小さい。従って、地表は熱を受けずただ渡すだけであるため、非常に冷え込む。これが放射冷却現象である。
しかし幸い地球は水があり、大気がある。大気が熱を蓄積し(気体は液体や固体に比べて(暖まりにくく)冷めにくい)、水は凍って熱を放出する。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 12, 2005

大学で学ぶということ

大層なタイトルをつけてしまったが、大学教育に携わるものとして書いておきたい。

18歳人口が低下し、大学志願者よりも大学の定員が多くなる、いわゆる「全入時代」が目の前に来ている。こうなってくると同世代人口の10%以下しか進学できなかった戦前、30%が進学した昭和後期とは違った状況が生じてくる。すなわち、大学生がもはやエリートでは無い、ということだ。

しかし、変わらない状況もある。それは講義内容に文部科学省の制限が無いということだ。どんなに勉強しても到達点が無いともいえる。

昔、ニュートン力学は絶対だった。万能だった。今だって高校生までの物理ではそれこそが真実と教えられる。しかし、量子力学、相対性理論の登場によってニュートン力学はある限定された条件でのみ成立することが分かった。

大学で学ぶとき、教員の言うことだって鵜呑みにしちゃいけない。批判精神を持つんだ。君たちが自分の目と耳と感性と理性でチェックして学ぶことが大切なんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

最終学歴

先日、南木桂士の「医学生」紹介をしました。

主人公たちは二期校、新設医学部だということで落ち込みます。まぁ、大体あの当時、二期校は一期校を落ちた人たちが行くところだったし、歴史ある医学部じゃ無くって、建物もロクに無い新設医学部なんだから、へこむのもわからんでは無い。

でも、医学部の場合ってとにかく卒業して国家試験の資格を得て、国家試験に合格し、医師免許を得ることが目的なんじゃないかなあぁ。つまり医師免許を取ることができるなら、どこの大学であってもいいんじゃないかと思うのです。

受験に失敗して一浪、二浪して目的とする大学に行く。でも、その一浪、二浪に使う、時間って(お金もだけど)すごい無駄だと思う。18,19歳の時の知識や技能の吸収力ってすごいんです。そして、一浪、二浪した結果、最後の定年時の給料、退職金に差が出る。

もし、このブログに目を留めてくれた受験生がいたら、君のやりたいこと、目的がはっきりしているのなら、大学は選ばないで早目に入学した方がいいこともあるよ,と伝えたい。また、特に理工系では大学院に行く割合が非常に高くなっている現在、大学院で目的とする学校に挑戦するのもアリだと思う。君がヤル気を持っているなら学部の勉強なんて、大学間の差は無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)